読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡せる改革  三宅泰世のBlog

ビジネスモデル・イノベーション協会理事、大手通信グループ企業現役課長のフューチャーマッピングやビジネスモデル・キャンバス、ReadForActionを使った企業内イノベーション実践事例の紹介をしています。

グループ企業合同イノベータ人材育成研修

僕が在籍する会社には、他に姉妹会社が3社ある。

 

現在、三社でイノベータ人材育成の研修を実施している。

7回のコースである。

 

特徴は、ビジネス良書を軸とした読書会形式の研修である事だ。

重要な撰書は、友人が紹介してくれたものを、目的とストーリーに合わせてチョイスしている。

 

僕が社内講師として

姉妹会社も合同でイノベータの育成を進める。

 

会社の違いも

業務の違いも

世代の違いも

 

全く気にせず、人と人との関係が出現する。

 

人事のトップも

経営幹部もビックリしている。

 

誰もが望み

誰もが思い描けない

誰もが信じられない

誰も出来ると想っていない

 

そんな光景が毎月毎月出現しているのだ。

 

研修会社に依頼したら

一番肝心な企業文化や社内政治までは配慮・考慮できないのに

一人うん百万円もとられるだろう。

 

これでは、意味も価値も無い。

 

スキル・能力というのは、いくらでも向上させる手法はある。

 

肝心なのは、変化を拒む企業文化、社内政治をどう扱うのか?

なのです。

 

協創・協業を拒む見えない組織、会社の壁をどう扱うのか?

なのです。

 

イノベーターの出現を促し

イノベーターを育成し

イノベーターを排除しようとする

社内ダークサイドを無力化する

 

メソッド・・・。

 

教えて欲しいですか?

知りたいですか?

出来る様になりたい?

 

講演会

セミナー

ワークショップ

 

で共有させていただいてます。

 

こちらでも告知しますね。