読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渡せる改革  三宅泰世のBlog

ビジネスモデル・イノベーション協会理事、大手通信グループ企業現役課長のフューチャーマッピングやビジネスモデル・キャンバス、ReadForActionを使った企業内イノベーション実践事例の紹介をしています。

START INNVATION! イノベーションを始めるとき,なぜ仲間創りから始めるのか?

実は・・・大企業でイノベーションを起こすのは危険極まりないんです。

せっかく、ダントツの業績を上げたって、実績を上げたって

社内には

ハゲタカ

ピラニア

略奪者

がウヨウヨいるんです。

 

イノベーションをつぶしに来る意地悪い人もたくさんいますよ

せっかく事業化に成功したって、手柄や成果を略奪されたり、イノベーターっていうのは損な性分・・・

 

なんて思って欲しくないので、お伝えします。

始めに仲間を作って下さいね。

 

絶対に

 

こんな風に言って、社内に仲間を作って下さい。

 

「これをやらないとやばいと思う。なぜならば・・・・でしょ。

ハッピーにしたい人はこんな人でさ

その人達はこんな事にこまっててさ

それをなんとかしてあげるために、こんな事をしたいのさ

だいたい、いついつまでにはサービスを開始したいんだけど

アイディア出しとかで協力してくれないかい?

 

一緒にやるとたのしいよ〜」

 

と、そしてアイディア創出に協力してもらうのです。

そうすると、他人事が、自分事になっていくんです。

 

仲間は、偉い人が入ってると良いです。とてもいいです。

財務

法務

営業

マーケティング

技術

幅広い方が良いです。

始めに、これだけいろいろな部署の仲間いたら、社内政治だって怖くなくなっていきます。

 

まず始めに、仲間を作って下さい。

 

実際に、この本の著者Gijs氏に会って、教えてもらって・・・

 

早く言ってよー!!16年前にさあひどいめにあったんだよお!

 

って心の中で叫びました。