渡せる改革  三宅泰世のBlog

ビジネスモデル・イノベーション協会理事、大手通信グループ企業現役課長のフューチャーマッピングやビジネスモデル・キャンバス、ReadForActionを使った企業内イノベーション実践事例の紹介をしています。

侍イノベーションの物語

ありがたいなあと思うのは

 

会社以外にも活躍の場が創れる。

活躍の場が持てる。

そこに、同志や仲間がいるという事です。

 

世界とつながっている事です。

 

マーケティング

イノベーション

ビジネスモデル

加速学習法・速読

 

などなど、その道の第一人者、大家と繋がることができ

学んだ事

習得した事

を翌日、数日後には実践しシェア、共有する現場がある事です。

 

次世代のイノベーター達がすぐそばにいる事です。

 

一生懸命に道を歩いていると

ご縁と出会います。

それは四季の流れの中で、季節と季節の間の中にあるようです。

そのご縁とはとても美しい恵みであり、その美しい恵みを大切な人達に分け与えていく事で、また次の道へと繋がるのです。

 

この物語は

Gijs Van Wulfenが今回の訪日の最後の晩に

「侍イノベーション8つの叡智」

というテーマでワークショップをしてくれたときに出現した物語です。

 

 

f:id:taitai1968:20160118185939j:plain